こどものなみだ。
子供ってものは、10分先どころか5分先さえ気にせずにいるのって
「よく泣く」からなのかもなあ・・・ と思う寝かしつけ後の夜。

「涙」は心の感情を中をわっと外へ出してリセットする「浄化」。
泣くたびに、子供たちは色んな想いや考えをリセットしていく。

1日のうちに何度も泣くことが多い、小さい子供たち。
何度も何度もリセットしているから、いちいち先のことなんか頭にも
残らないのだろうなあ。

・・・ちょっとうらやましいよねえ。

111109
大人は自分で自分をリセットするってことが、なかなか出来ない。
子供がいとも簡単に繰り返す「大泣き」だって、そんなに出来ない。

だから、ちょこちょこ自分の中の「リセットタイム」を設けないとね。
泣ける映画やドラマも良し。
甘えられる人がいるなら、甘えるもよし。
大声で叫ぶのも、よし。

私の場合は、とりあえずキャンドルを並べます。
最近、仲間入りした月のキャンドルが「ごゆっくり」といってる顔。

スポンサーサイト

Comment 2

mami

No title

泣くと心がスッキリするっていうのは本当にそうかもしれませんね。
悲しみや苦しさを感じた時、泣いてしまって心が軽くなった経験あります。
自己防衛なのでしょうか・・・
人はそういうマイナスな想いをずっと抱えていくことはできない生き物なんだと思います。
泣くことでまた平常心を取り戻したり、心の均等を保ったりするようにできてるのかもしれませんね。

「泣く」反面、「笑う」こと。
その方が効果があったりするのも分かっていますが、笑顔でいられない時が大人になると増えちゃって・・・
知らない子どもさんの笑顔に心が緩んで、泣きたくなっちゃうこともあります。

笑顔と泣き顔。
できれば、いつも笑っていたいんですけど。
今日の心は曇り空・・・関口さんのキャンドルに癒されました。
静かな温かさをありがとうございます。

2011/11/13(Sun) 21:28

Edit | Reply | 

せきぐちまゆみ

No title

★mamiさま

「泣き笑い」っていうのもありますよね。
笑っていたいのに、涙が勝手に出てきてしまったり、または笑いすぎて涙が出てきたり。前者の方が複雑な感情をともなうのかな。

たぶん、mamiさんがおっしゃるとおり、人はある程度キャパシティが一定でそれを超えると何かしら感情があらわになるのでしょうね。
それが涙だったり、怒りだったり、笑いだったり。

曇り空な心は、うつうつとしてすっきりしないですね。
ぜひキャンドルを灯してみてくださいね。暗闇の中で、なにか素敵なものが見えるかも?

2011/11/14(Mon) 14:30

Edit | Reply | 

What's new?