黄色のおはなし②
10121401

黄色のおはなし その②です。^^


私はこどもの頃から、この色がどうも苦手でした。

なぜ?って聞かれても昔はよく分からなかったのですが、
どうやら黄色の「天真爛漫な」「こどもらしい」雰囲気がなじめなかった
みたい。こどもの頃の私は「大人っぽい」「落ち着いた」、黄色とは
正反対なイメージのものが好きだったから。

色を学んで、黄色にもたくさんの種類があることを知って
だんだん「いい色かも」と思うようになって、
ちょっとずつ生活の中に取り入れるようになり、
今では「なかなかいいヤツって思っています。

さてさて、黄色が好きなあなたも 苦手なあなたも
今回はいろーんな黄色をみてください。

「おっ この黄色はちょっといいぞ」があるかも。^^

10121402
最後の「ストロー」って聞きなれない黄色ですね。
飲み物を飲むときに使うストローのことではありません。
麦わら(straw)のことです。

こうして並べてみると、色って本当に不思議です。
同じ黄色でも明るくしたり、暗くしたり、くすませてみたり、鮮やかにしたり
と色の調子を変えるだけで印象がガラリと変わってしまうのです。

印象が変わると、それを見る人の「感情」も変わります。
「好き」が「苦手」になったり。
「かわいい」が「知的」になったり。
「地味」が「派手」に感じたり。

色ひとつで、コロコロと人の感情は変わるのですね。

好きな色にも、苦手な色にも、なんらかの「理由」が隠れています。
あなたは苦手な色ってありますか?
スポンサーサイト

Comment 2

ルナシティー

No title

小さい頃に田舎で暮した私にとっての黄色は菜の花と黄蝶の黄色が強くイメージにありますね〜

2010/12/17(Fri) 22:00

Edit | Reply | 

関口まゆみ

No title

黄色の素敵な風景ですね~
うらやましい!そういう風景の中で育ったのは財産だと思います。

2010/12/20(Mon) 22:27

Edit | Reply | 

What's new?