「じぶんの部屋がほしい」をモノを見直すきっかけにする。
「じぶんのお部屋がほしい!!」


1年生の長女が言いだしました。^^;
前々から、長女だけのスペースはあったもののお友達の家にお邪魔した時に見た
「わたしだけの部屋」。

憧れますよね~~^^;
そりゃそうですよね~~ ^^;

ほんとは、弟くん(4さい)が小学校あがったら同時につくりたかったんだけど(面倒だから(笑))
そろそろ「自分の空間」を持つ練習をしてもいいのかもしれないな・・・

そう思って、
「いいよ!!だけど一緒に全部手伝うこと!!」
といい、OKしました。

自分の部屋をつくること。
それには、
★大量にモノを移動させるので、その前にいらないものは捨てること。
★使いやすい場所を考えながら、モノの場所を決めること。

色の組み合わせや、インテリアカラーについても一緒に学べるのが「お部屋づくり」ですが、
なによりも!!

お片付けが出来ないと(=すっきりした空間をつくらないと)
色というものは、全然生きません。


1つ1つがどれだけ可愛くておしゃれなアイテムだろうが、
置く場所がごちゃっとしていたり、もともとの雰囲気に合わないと意味が無いんですよね~~
これはIKEAで見たら、うわ~おしゃれ!!と思って買って帰ると「なんか違う・・・」と一緒。

相当なパワーが必要な(かなりめんどい)、お部屋づくり。
せっかくだから、ぜひぜひ学ばせたい!!お片付け★

もちろん、全部自分だけではできませんから、親も一緒に手伝います。
IMG_6444[1]

今から「片付けるってこういうこと」「部屋をつくるってこういうこと」をよく知ってもらうため、
「これはここに置くのと、あっちに置くのとどっちが使いやすい?」
「なんとなくとっておいちゃったものって、多分使わないから捨てるとすっきりするんだよ」と
声をかけながら手伝います。

片付けることは、今よりも心地いい場所をつくること。
だから、面倒でも楽しいことが待っているということ。


これを伝えたいなと思っています。(一生、片付けながら人間生きますしね・・・^^;)


さてさて、ひとまずこの小さな部屋の「オーナー」となった彼女。
IMG_6451[1]
お勉強と一緒に、片付けや整理整頓を学べるといいなと思います。^^
スポンサーサイト

Comment 0

What's new?