「初めてかく」というキラキラ。
「こどもが初めて何かをかく」ということがとても興味深いこのごろ。

「かく」ということが日常の大人からすると当たり前なことなんだけど
初めて「カタチ」にするってどういうことなんだろう。

11081101

口の中に丸を描くと、「なにかたべている様子」だと発見したり、


11081103
顔の上に足したものは「帽子」で、顔の下に足したものは
「身体」、そこから手足をつなげていくという発見。



11081102
試しに覚えた数字を書いてみたら、それっぽかったので
「2と0かいたよーー!」という発見。

いいなあ。こどもって!なんて新鮮な毎日なんだろう。

大人になってからもそのキラキラした瞬間を覚えていたかったわ!


スポンサーサイト

Comment 2

mami

No title

関口さん、お久しぶりです(o^∇^o)

小さな子どもの絵って、人を描いても首がないですよね。
首を描写する年齢って何歳からだったかな?
こんな風に記録をしてもらいながら、育っていけるまゆみさんのお子さま達が羨ましいです。

前の日記の葉書の絵もとても素敵☆
写真立てに入れて飾りたいと思いました。
震災以来、海を見ていません。
青い空と白い雲...潮騒が聞こえてきました。

2011/08/11(Thu) 20:26

Edit | Reply | 

せきぐち

No title

★mamiさま

そういえば、絵に首が出てくるのっていつでしょうね?
幼稚園前の今は『お友達の絵を見て、新しい何かを発見する』ことはなく、独自の絵を書いてます。
そのうち『こうやって描くと、もっとおねえさんぽい』というように気がついていくのかも。
(それが首の出現かなあ?)
まだまだ多くの方にとって、海はあの日を思い起こさせるもの。
やがて穏やかな気持ちとともに、大きな海を受け入れられるのかもしれませんね。
そんな日が早いといいな。

2011/08/12(Fri) 23:09

Edit | Reply | 

What's new?