ドキドキする海外こども雑貨
日本のデザインも好きだけど、「こどものモノ」に関して言えば、
ドキドキさせてくれるのは絶対に海外のものだ。

こどものモノは、大人のモノより「わかりやすさ」を求められるから
シンプルで色使いもはっきりしたものが多い。

だからそのモノの持つ個性がはっきり出ていると思う。

この間、「BRIO」のおもちゃをいただきました。
出産祝いですって♪ ありがとうっっっ!!
BRIOはスウェーデンのおもちゃメーカー。
見てみて、この色使い!!

11090601
日本のおもちゃ(特に1~3才向けの)では、絶対使わないだろう「黒」が
メインカラー。

犬の表情はどこかとぼけた感じが可愛い。日本の「おもちゃの犬」だと
にっこりしていたり、ちょっぴり子供に媚びている感じだけど
北欧のデザインってそういうのがすごく少ない気がする。

「ギリギリまでシンプルにしたデザイン」と「メリハリある色使い」が
おもちゃなのにキリッとしていて、かっこいい。
だから、落ち着いたインテリアの中に置いてもすっきりなじむのかも。

11090602
箱まで可愛いんだけど、やっぱり中身の色とちゃんと合わせて
デザインされています。

日本のも、こんな風だったら箱までとっておきたくなるんだけどなあ(^^;)。
スポンサーサイト

Comment 0

What's new?